近未来将棋小説 紅に王手

織田八之助が江戸時代と現代を駆け抜ける梵暮ら物語り

梵踊りの巻

「あの明かりが祭り場のようだな」


「結構な人でござるな」



花小路神社の境内では420人程はいるであろう人々達が音楽に合わせて梵踊りを踊っている


「あそこにいるのは マニラ帰りの皆さんだ


 あそこにいるのは ミートアップルのバターさんだし


 フルスモークの方達も来ているな」



「八之助さんは知り合いが多いでござるな」


「昔 結構来てたからな


   音楽や踊りも梵が示すJAHガイダンスなんだ」


「JAHガイダンスでござるか?」


「そうだ 今夜 猿乃助と旅に出れたのもJAHガイダンスなんだよ


         一服いくか?」


「そうでござるな 一服  でござる」



ぷっは~ 


     プッハー



月明かりは 梵の煙を薄めに透かし 梵の煙は月を薄めに透かした



「今宵の月 綺麗でござるな」


「だな 月明かり 梵と平和が 踊り出す その先に見える希望に 音魂になりけり」



「梵 俳句 将棋 平和 月明かり 音楽 踊り  旅って凄いでござるな」


「旅 それは 心なんだよ」


「こころでござるか」


「そうだ こころだ」




「あの行列は何を並んでるでござるか?」


「あれはギターに並んでいる行列だ 


 義理義理男組は出羽で唯一ギターを持っている音楽隊だ


義理義理男組の奏でるMUDの中で順番にギターを弾かせてもらえる祭りなんだよ


ギターは太陽や月の明かりを循環させ音に拡張させるんだが


あの装置は未来的で 未来から持って来たって噂もあるぐらいなんだ


義理義理男組は黙々とトランスを生み出す PPMが420に達した頃 何かが起こるって噂もある」



「なんか凄いござるな」


「まぁ~な 
  難しい話は後にしてと 
    皆 梵踊りを楽しんでるじゃないか 


猿乃助も踊って来いよ  俺はギターに並ぶから」


「はいでござる HIでござる」



猿乃助は 軽快にONEステップTWOステップしながら 老若男女の奏でるグルーブの輪に溶け込んで行った 





MUD MAXの巻

de de~de ♪   d e de~d ♪



de de~de ♪   d e de~d ♪




「どんどん近づいてるでござるな」




de de~de ♪   d e de~d ♪



de de~de ♪   d e de~d ♪




「わくわくするな 


    de de~de ♪   d e de~d ♪」



八之助は  de de~de をくちぶさみながら   


梵巻きを深く溜め込んだ


ぷっは~  



猿乃助も 深く溜め込んで 星空めがけて  


プッハー



「八之助さん 今夜は驚きの連続でござる


 梵と将棋と星空と音楽がこんないも素敵なものなのて」



「だな 満点の星空と希望の中で 義理義理男組の音のアンサンブル


        義理義理男組も平和を願う音楽隊なんだ」



時は夜空の架け橋か 


羽前千歳の上り坂の頂上から見えた山形の夜景も また良いものだった


「義理義理男組の祭りは 花小路でやってるはずだ もう少しだぞ」



de de~de ♪   d e de~d ♪


少しづつだが 確実に近づいている


de de~de ♪   d e de~d ♪


少しづつだが 確実に脳を揺さぶる


de de~de ♪   d e de~d ♪


少しづつだが 確かに聞える


de de~de ♪   d e de~d ♪


少しづつだか 平和に近づいている気がする


de de~de ♪   d e de~d ♪








MUDの巻き

八之助と猿乃助は歩いていた


「今宵の月は細いの~」


「そうでござるな~ 星が綺麗でござる」



ひゅ~   


「今 流れ星の音が聴こえたぞ 」




「風の音 星の音 そして 心は梵 踊り」


 八之助は ONE ステップ TWO ステップを 戯けてみせた



「ヒロ☆ポンさんの漆ジョイントは最高でござるな~


  今も耳を澄ませば 幾千もの星の鼓動が聴こえてくる感じでござる」


ひゅ~
      ひゅ~     
                    ひゅ~    ひゅー


             ひゅ~   
                              ひゅ~



「ん 聞こえるぞ 微かに 聴こえるぞ 」 





    de de~de ♪   d e de~d ♪



  「これは 義理義理男組のMUDだ」


「義理義理男組でござるか?」


「そうだ 義理義理男組だ 出羽を代表する音楽隊だ


 そうか 今宵は月に一度の義理義理男組の祭りの日かもしれん


 ちょっと 寄ってもよかろうか?」


「プ プ プ 良かろうでござるとも


           温泉の前に 音楽ですな」



漆山を後にする巻

「いや~美味かったでござるな」


「ござる ござる」


「ハッピーも相当多めでしたな」


「あのとっつぁん 相当 梵好きなんですよ」


「だろうな ありゃ 効くわ 
            梵と食の相性も最高だからな」


「わたしゃ ハッピーでござる~」



「八之助さん 今晩 家に泊まっていって下さいよ 」



「ありがたいけど 俺達は蔵王に向かってるんだ 


          月はまだ あそこなりけりってな」


「そうですか 残念です では また漆がなくった時に
                 上物を準備しときますよ」


「だな 数ヶ月にまた一手っと 来たもんだ って」


「八之助さん 調子 GOOでござるな」


「GOOでござるよ  美味い梵 美味い飯 そして 良き友 それに温泉と来たもんだってな」


「どん決まり~   ハッハッハ ってな」


「んじゃ ヒロ☆ポン また」


「ヒロ☆ポンさん またでござる」


「ですな  惜しまれて 進め歩むに と金なりけり  です」



ハッ ハッ ハッ


八之助は振り向きざまに 親指を立てて 別れを惜しみつつ 一歩 一歩 歩き出した



今宵の月は 虹を描く その光に 希望あり その先に和平あり 

ハッピー中華の巻

麻倉漆店も壽々木蕎麦屋も奥州街道沿いにある


今宵も壽々木蕎麦屋は繁盛しているようだ


「あそこでござるか?」


「そうだ あそこだ」


のれんの中からは 笑い声と香ばしい蕎麦の匂いが漂っている



「あれ ヒロ☆ポンさんじゃないですか それに八之助さんまで 久しぶりです」


「おうよ」


「久しぶりです 久しぶりに漆山に来たから やっぱ ハッピー中華だろって なりましてね」


「ありがとうございます どうぞ どうぞ 座敷にどうぞ」



「おうよ んじゃ 大将 ハッピー中華そば 3つ頼むわ」



「はいよ ハッピー多めにしときますよ はいはいはい~」



「ヒロ☆ポンさんの漆ジョイントとハッピー中華のアンサンブルでござるな」


「猿乃助 漆山も最高だろ 今夜は 将棋に 俳句に 梵 梵 梵 だな」


「最高でござる  旅って面白いでござるな 」


「旅は最高だよ 近かろうが遠かろうが 一歩踏み出せば 旅の始まりなんだよ」


「旅と将棋って似てなくもないですな」


「確かに 似てなくもないな」



「歩を打てど 歩を打てど 進む事なり 歩を打てど


 待てど されど 角道開けて 時を待つ


 時に吹かれ あぁ 歩と歩む 銀なりけり」



「漆ジョイントの決まりはどくとくでござるな」



「お待たせしました~ ハッピー中華でございます」


「お きたきた」


「お~」


「美味そうでござる」



ずるずる ツルツル 


「お~ やっぱり 美味し 効くし 最高だな」


「最高でござる~」



ハッハッハ はっはっは ゲラゲラゲ~