近未来将棋小説 紅に王手

織田八之助が江戸時代と現代を駆け抜ける梵暮ら物語り

ハッピー中華の巻

麻倉漆店も壽々木蕎麦屋も奥州街道沿いにある


今宵も壽々木蕎麦屋は繁盛しているようだ


「あそこでござるか?」


「そうだ あそこだ」


のれんの中からは 笑い声と香ばしい蕎麦の匂いが漂っている



「あれ ヒロ☆ポンさんじゃないですか それに八之助さんまで 久しぶりです」


「おうよ」


「久しぶりです 久しぶりに漆山に来たから やっぱ ハッピー中華だろって なりましてね」


「ありがとうございます どうぞ どうぞ 座敷にどうぞ」



「おうよ んじゃ 大将 ハッピー中華そば 3つ頼むわ」



「はいよ ハッピー多めにしときますよ はいはいはい~」



「ヒロ☆ポンさんの漆ジョイントとハッピー中華のアンサンブルでござるな」


「猿乃助 漆山も最高だろ 今夜は 将棋に 俳句に 梵 梵 梵 だな」


「最高でござる  旅って面白いでござるな 」


「旅は最高だよ 近かろうが遠かろうが 一歩踏み出せば 旅の始まりなんだよ」


「旅と将棋って似てなくもないですな」


「確かに 似てなくもないな」



「歩を打てど 歩を打てど 進む事なり 歩を打てど


 待てど されど 角道開けて 時を待つ


 時に吹かれ あぁ 歩と歩む 銀なりけり」



「漆ジョイントの決まりはどくとくでござるな」



「お待たせしました~ ハッピー中華でございます」


「お きたきた」


「お~」


「美味そうでござる」



ずるずる ツルツル 


「お~ やっぱり 美味し 効くし 最高だな」


「最高でござる~」



ハッハッハ はっはっは ゲラゲラゲ~



ゆらゆら 提灯の巻

「最後の詰みはどとうでござったな」


「まぁあなでござる」


「あ~ あ でござる」



日は沈み 街道沿いの店の提灯がゆらゆらゆらめいている


少し遠ざかった遊郭のピンク色のネオンが走馬燈のようにゆらゆらゆらめいている



「腹減りましたな」


「そうだな」


「はいでござる Hiでござる」



「何がいいですか?」


「そうだな~ やっぱり 漆山に来たんだから 壽々木蕎麦屋がいいいんじゃないか」



「壽々木蕎麦屋でござるか 行った時ないでござるよ」


「そうか んじゃ 壽々木蕎麦屋に行こう 


 壽々木蕎麦屋のハッピー中華そばは絶品だからな」



「中華そばでござるか?」


「そうだな 蕎麦も美味しいけど 壽々木蕎麦屋は中華そばがお勧めなんだ」



「壽々木蕎麦屋のハッピー中華  ハッピー ハッピー♪」


「ハッピー ハッピー♪」


「ハッピー ハッピー♪」



「ハッハッハッ 


  ハッピー音頭  次の維新天楽隊の練習の時に提案してみるか」



「いいでござるな 日本中に広まりますぞ」


漆ジョイント

「漆の匂いが漂う町に ルンルンルン」


「あそこが麻倉漆店だ ハッハッハ サイケに彩ってる~」


漆喰の白壁にロウソクランプがゆらゆら揺れている


トン トン トトトン トン トン トン


「いらっしゃい~」


建物の中から聞えた声は店主の麻倉ヒロ☆ポン之助の声だ


「お 八之助さんじゃないですか 久しぶりですね~」


「そうだな 数ヶ月ぶりだな  こちら 猿乃助さん こちら ヒロ☆ポンさんだ」


「どうも 初めまして」


「こちらこそ 初めまして 天童からわざわざありがとうございます」



「なんだ ずいぶん 香ばしい香りがするな」


「ハッハッハ  一服してたとこですよ どうですか?」


「いいね~ 久しぶりに  ヒロ☆ポンのジョイントは最高だからな」


「漆屋の特権ですよ」


「ヒロ☆ポンのジョイントは 梵に漆を混ぜるんだ 新鮮な漆じゃないと出来ないから 貴重品なんだ」


「へ~ 凄いですね どんな 感じなんですか?」


「・・・ 星が何千個と輝く中で 君の叫び 届け候 てな 感じ まず 一服行こうぜよ」



プッ ハー ぷっ は~  ぷっ ハー



梵の香り 漆の香り その中に見える 希望の香りの中で


3人は時間を忘れ 時の話 将棋の話 和平の話を 将棋を指しながら楽しんだ。

遊郭ブルース

「お兄さん方 いっしゃいませ~ 遊んでいきなさいよ~」


「よっ サムライさん ちょと見てってくださいよ」



天童から漆山へ 橋を渡るとその道沿いにちょっとした遊郭があったのであった



「八之助さん 漆山は凄いでござるな」


「そうか 猿乃助 天童の方が凄いだろ いった時ないか?」


「ないでござる」


「・・・それでいいんだよ 」



ぷっ は~


「俺達は先を急いでる すまんな」



八之助は呼び込み達に軽く手を上げた



夕日の残像と遊郭の看板で二人の背中は薄ピンクに染まっている



その先を急ぐ姿に 遊郭の皆は 天童藩のサムライの心意気を見た。



漆山ブルース

ふと小さな丘の懐から見えた町の光は漆山だろう


夕暮れ沈む静かな町並み


ほんのりと漆の匂いが漂う町だ


「猿乃助 漆山見えたぞ」


「あそこでござるか あともう一踏ん張りでござるな」


「麻倉漆山店は町の中心にある 美味い飯屋もあるぞ」


「わ~い 楽しみでござる もうひとつ俳句を読んでみるでござる


 漆山 梵と将棋と 今宵打ち」


「渋いな」


猿乃助は嬉しそうに スキップダンスをしてみせた。